Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう違う?内臓脂肪と皮下脂肪

ひと昔前、脂肪と言う言葉は、だいたい「皮下脂肪」を指していました。

しかし近年はこの「皮下脂肪」以外にも「内臓脂肪」が注目されています。
この、二つの脂肪は、いったい、どう違うのでしょうか?

簡単に説明すると、皮下脂肪とは皮膚の下につく脂肪で、
内臓脂肪というのは、腸を包んで固定している「腸間膜」につく脂肪のことです。

この二つの脂肪は、同じ脂肪組織でも性質が全く異なります。

内臓脂肪は、様々な生理活性物質が分泌されており悪玉と善玉がありますが、
内臓脂肪型が多すぎると善玉が減って悪玉がふえてきます。

皮下脂肪には、内臓脂肪のような働きはありませんが、
増えすぎるとひざ痛や腰痛を招くほか、がんのリスクも高まります。

このように内臓脂肪と皮下脂肪は、性質こそ違いますが、
どちらも増えすぎると身体によくありません。

脂肪組織は、余ったエネルギーを蓄える銀行のようなものですが、
この二つの脂肪を性質を銀行預金に例えと、

必要な時すぐ使える普通預金が「内臓脂肪」
溜め込んで非常時に備える定期預金が「皮下脂肪」となります。

また、内臓脂肪は増えやすく減りやすいのが特徴で、
反面、皮下脂肪は、内臓脂肪に比べると増えにくいものの、
いったんつくと減りにくいです。

ちなみに、皮下脂肪が多すぎると「皮下脂肪型肥満」
腸間膜が多すぎると「内臓脂肪型肥満」と言います

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

yossy476626

Author:yossy476626
FC2ブログへようこそ!

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク集

タグ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

フリーエリア

 

 
  • SEO
  • loading
  • ヨッシーの東京健康アイランド
  • seo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。