Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスが溜まると

本来、ストレスというのは、
環境の変化に、
心と身体を適応するための刺激として必要なものです。

また危機的状況に準備を整える為の、防衛反応でもあります。

ストレスというのは、本来は人によって有益なものなのです。

しかし、それが長期にわたってしまうと悪影響が出てしまいます。

ストレスが長く続くと、不安や不眠、混乱が生まれることがあります。

また過度のストレスは、自律神経の働きや、
体の抵抗力を低下させてしまいます。

そうなると、体が疲れやすくなったり、
心身に様々な悪影響が出てきてしまいます。

◆不調の解消に役立つマッサージ店
マッサージ 出張 大阪

◆自分に合ったマッサージ店を探せるサイト
長崎市 マッサージ
スポンサーサイト

アルコール依存症

アルコール依存症は、薬物依存症のひとつです。
薬物依存症の主な症状は、脳に行動の記憶として刻まれ、完治することがない病気です。

長期にわたる断酒をしても、再摂取すれば断酒直前の摂取行動に戻ってしまいます。
他の慢性疾患と同様に、再発しやすい病気なのです。
出張マッサージ

依存性薬物であるアルコール飲料を繰り返し摂取すると、脳内へのアルコールの強化作用に対する感受性が増大します。強化作用の機序は、すべての薬物依存症に共通です。これは、脳内の側坐核から神経伝達物質のドーパミンが放出されることによります。
足裏マッサージ

この強化作用に対する感受性の増大が、飲酒行動を強化し、飲酒パターンが病的となってしまいます。

罪の意識が心の中で大きくなりすぎると……

一旦罪の意識が頭をよぎると、それまでの幸せな気持ちが一瞬にしてなくなってしまいます。
お腹一杯になるまで美味しいものを食べたら大満足でしょうが、もしこれがダイエット中で食事制限していたとしたら、罪の意識に苛まれることもあります。
こうした罪の意識を払拭するために、翌日にジムで汗を流すなど、何かつぐないをする必要が出てくるでしょう。


罪の意識は生活習慣を見つめなおすいいきっかけにもなりますが、それが心の中でどんどん膨らんでしまわないようにしましょう。
心の中罪の意識を強く感じるときでも、実はそれほど悪いことをしたとは限らないのです。
他人からすればどうでもよくても、本人の心の中罪の意識が大きくなりすぎてしまうこともあるので、くれぐれも気をつけましょう。

テーマ:心と幸せ - ジャンル:心と身体

若さを失う原因のひとつは心の問題

女性だったら誰もが「いつまでも若くきれいでありたい」と思うでしょう。
しかし、新陳代謝が衰え、しわやくすみができやすくなるなど、20代から老化が始まってしまいます。
こうなるとエネルギーが消費されにくくなり、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。
最近、サプリメントで栄養補給する人が急増しております。
歳を重ねるごとに失われていく栄養素を補給するため、コエンザイムQ10が特に注目され、生産が追いついていないほどなのだとか。


心の問題も、若さを失う原因のひとつにあります。
「マイナス思考」にはとくに注意しなければなりません。
精神的な不安や苦痛、ストレスは体の不調を引き起こすことがあります。
「もういい歳だし」こんなことを考えていませんか?
もちろん若い人は美しいですが、歳を重ねた人はもっと美しいのです。
本当の美しさは内面から出るものなのです。
品性や知性、心の温かさ、これらはいずれも歳を重ねないと得られない輝きです。
「今の私は輝いている」という強い思いこそ、若さを維持するために一番大切なものかもしれません。


要するに、ほんの少しだけでもこうした心がけがあれば若さを保てるのです!


[PR]
東京 マッサージ 出張
リンパマッサージ 港区

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

くだらないストレスで悩むのはナンセンス。

ストレスが多いと、ついつい悩み、考えすぎてしまうものです。
しかし、生きているかぎり、ストレスは必ずどこかについてまわってきます。


たとえば、「会社のしがらみ」がなく気楽に仕事ができ、希望どおりの生活をそこそこに送れていると、その反面、スランプの時期には不安や孤独が高まり、自分一人ではどうしていいかわからなくなることがあります。
しかし、ストレスを感じるたびに落ち込んでいるようなら、息苦しくて仕方がありません。
そこで、「受け流すべきストレス」と「相対すべきストレス」の2つに分類するようにしてみましょう。


「受け流すべきストレス」とは、時間を費やしすぎたり考えすぎても意味のないストレスです。
こんなストレスは、適当にその場をやり過ごすくらいの感覚でかわしましょう。
先にあげたスランプの不安や孤独の問題なども、ここに含まれます。


一方「相対すべきストレス」とは、自分の進路など、じっくり考えて答えを出さなくてはならないストレスです。
これを適当にやり過ごしていると、何年か後に取り返しのつかなくなってしまいます。
したがって、このストレスについては、大いに悩み、考える必要があります。

«  | ホーム |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

yossy476626

Author:yossy476626
FC2ブログへようこそ!

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク集

タグ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

フリーエリア

 

 
  • SEO
  • loading
  • ヨッシーの東京健康アイランド
  • seo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。