Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病について

糖尿病というのは、血糖値が高くなる病気のことです。

糖尿病になってしまうと、
細胞の中にエネルギーとして、
必要なブドウ糖が運ばれなくなってしまいます。

この症状は、血糖値を下げる働きをしているホルモン、
インスリンが足りなくなることで起こります。

ブドウ糖をコントロールしているインスリンです。

それが不足してしまうと、うまく作用しなくなり、
血液中のブドウ糖が使えなくなってしまうのです。

そうなると、血糖値が上がり、
全身のエネルギーが足りなくなってしまいます。

◆健康が気になる人にもオススメのマッサージ店
大阪で大人気のリフレクソロジー検索

◆健康促進に役立ちそうなマッサージ店を探す
佐賀 マッサージ
スポンサーサイト

COPDとは

COPDとは、どのような病気なのでしょうか。

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患のことで、
息をするときに空気の通り道となる、
「気道」に障害が起こってしまい、
ゆっくりと呼吸機能が低下する病気のことなのです。

以前では「肺気腫」、「慢性気管支炎」と
されていた病気のことを、
まとめてCOPDと呼ぶようになっているようです。

◆マッサージオススメ情報のご紹介◆
マッサージ 求人情報 なんば
マッサージ 釧路市

動脈硬化について

動脈硬化は、その名の通り、
動脈が詰まったり、硬くなって弾力性や
柔軟性を失ってしまう状態のことです

その原因は、動脈にコレステロールや
中性脂肪などが溜まってしまい、
スムーズに血液が流れなくなってしまうことです。

動脈に弾力性や柔軟性があれば、
心臓や脳、臓器や筋肉などの組織に
必要な酸素や栄養を供給することが出来ます。

しかし、コレステロールなど血液の脂質が、
動脈にたまってしまうと、酸素や栄養が不足して、
高血圧によって血管に負担がかかっていると、
動脈は弾力性を失い硬く、もろくなります。

このような状態のことを動脈硬化というのです。

◆健康に役立つマッサージ情報
リラクゼーションの求人ページをクリック
マッサージを大阪 北区で受けたい方はクリック

高コレステロール血症(高脂血症)の症状

高脂血症は、血液中に含まれる
脂質(コレステロール・中性脂肪)が
多すぎることが原因で起こる病気です。

脂質異常症と呼ばれることもあります。

この病気は、ハッキリした自覚症状がないので、
症状だけで早期発見することは難しいです。

しかし、高脂血症を放っていると、
増えてしまった脂質が、血管の内側にたまって、
体の血管が傷つけてしまいます。

動脈硬化を引き起こす可能性もあるので、
病院で定期的に健診を受けましょう。

▼オススメのマッサージ関連サイト
ちょっとセレブな出張マッサージ 東京の店
出張マッサージを福岡から探すならこのサイト

«  | ホーム |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

yossy476626

Author:yossy476626
FC2ブログへようこそ!

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク集

タグ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

フリーエリア

 

 
  • SEO
  • loading
  • ヨッシーの東京健康アイランド
  • seo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。