Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔と今とで少し定義が変わったアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは一度は耳にしたことがあると思いますが、これはアトピー体質の人が発症する慢性湿疹のことです。
身体のどこか一部分ではなく、皮膚にアレルギー反応が起こるというものです。


かつては、小さいころに発症して、だんだん成長すると同時に治っていくものとされていました。
しかし、近年では大人になってからアトピー性皮膚炎を発症したり、成人してなお治らないことも増えてきたのです。


アトピー体質を持つ人は、アレルギー疾患を複数合併してしまうこともあります。
このようにアトピー性皮膚炎やぜん息など、アレルギーの症状一人の患者にが次々と発症することを「アレルギーマーチ」といいます。
スポンサーサイト

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

アレルギー体質になってしまう根本的な原因は……

かつて「保健福祉動向調査」を厚生労働省が行ったのですが、これによると、何かしらのアレルギー症状は、3人に1人はあらわれているという結果がでました。
東京都内では実に8割以上の家庭において、アレルギーの症状をもっている人が家族にひとりはいると回答しているのです。
「発症こそまだであっても、アレルギー体質の人」も含めるとしたら、日本人の過半数はアレルギー体質であるとも考えられるのです。
「自分にアレルギーがあるとは考えてもみなかった」といった人たちに次々と症状があらわれ、花粉症で悩む人は激増しています。


かつてアレルギー体質というのは、「遺伝」の面で扱われてきました。
しかし、近年であまりに急増してしまったため、それでは説明がつかなくなったのです。
そこで、現在日本人がおかれている環境や生活習慣によって、体質そのものが変わりはじめているという指摘がされるようになりました。
とはいえ、アレルギー体質になる原因について、はっきりしたことは未だにわかっていません。

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

金属アレルギーになってしまうのはどうして?

アクセサリーなど、普段から金属を身に着けていると、そこがかゆくなったという経験はありませんか?
冬場は何もなかったのに、汗をかく時期になったらかゆくなってきた、ということもあると思います。
こうした経験のある人は、金属アレルギーかもしれません。


人の体内には、カルシウムやナトリウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛などの金属元素がたくさん含まれています。
こうした金属元素が不足すると体に悪影響を与えるため、人体には欠かせない金属のはずが、皮膚に触れると拒絶反応を起こし、かぶれなどの症状が生じることがあります。
これが、金属アレルギー(アレルギー性接触皮膚炎)の正体なのです。


金属アレルギーは、同じ金属を何度も使っているうちに、金属イオンが溶け出して体内に入り、免疫作用によってそれが異物だと記憶され、また同じ金属に触れたときにアレルギー反応を起こしてしまいます。
また、一度金属アレルギーになると一生治りません。
とくに、皮膚に直接穴をあけるピアスで金属アレルギーになる人が多いようです。


[PR]
港区 マッサージ

テーマ:快適健康ライフ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

«  | ホーム |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

yossy476626

Author:yossy476626
FC2ブログへようこそ!

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク集

タグ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

フリーエリア

 

 
  • SEO
  • loading
  • ヨッシーの東京健康アイランド
  • seo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。